Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/inc/allow_ip.inc on line 19 耳より情報 自立コム
ヒアリングループの新商品

ヒアリングループの新商品

ヒアリングループの新商品出ました!
ループヒア160Wボードタイプと160Cシートタイプです。シートタイプの電源には標準でシガーソケットが付属しますので、ドライブの際に活用してください。電源はACアダプタに変更も可です。青いアンプには入力ジャックが2つあり、マイクや音源を接続できます。

 第42回全国難聴児を持つ親の会 代表者研修会・総会に出展しました

第42回全国難聴児を持つ親の会 代表者研修会・総会に出展しました

本日は、新宿にある戸山サンライズで催された、全国難聴児を持つ親の会に出展、機器の説明をさせていただきました。
現在は参議院議員である今井絵理子氏がいらしてました。自立コムの商品を使って久しぶりにSPEEDを楽しんでみてください。全盛期のSPEED、カッコよかったです。

全日本ろうあ連盟記念式典

6月3日と4日に福岡市博多区で催された創立70周年記念式典に自立コムも出展いたしました。
4日の会場には秋篠宮殿下、紀子妃殿下がいらして、自立コムのブースに立ち寄り商品を手にとって感想を述べられました。

ニュース

耳鳴りなんかもうこわくない 改訂版

耳鳴りなんかもうこわくない 改訂版

難聴の方で耳鳴りに悩んでいる方も多いかと思います。この度八重洲出版より、耳鼻咽喉科専門医の関屋芳正先生監修で「耳鳴りなんかもうこわくない改訂版」が発売されました。「耳鳴りなんかもうこわくない改訂版」には耳鳴りの仕組みや治療法が詳しく載っていますので、参考にしてください。

ベルマンアラームクロックスペシャルについて

本年度よりベルマンアラームクロックスペシャルが非課税商品として認定されました。どのような使い方ができるのかを説明したpdfをアップします。

ベルマンアラームクロックスペシャルの説明はこちら

大切な人からのSNSのメッセージ、メール、ビデオ通話や電話の呼び出しを見逃さないためにお役に立ちます。

耳が喜ぶ補聴器選び

先週株式会社ステレオサウンドから発売されましたムック本「耳が喜ぶ補聴器選び No.2」に自立コムのヒアリングループや補聴器乾燥器の情報が載っています。テレコイル(Tコイル)内蔵の補聴器とヒアリングループはとても相性が良いので、是非一度試してみてください。

表紙

内容

京都市のヒアリングループ

京都市の11の区役所、その他の施設では自立コムのヒアリングループ「ループヒア101」が導入されています。毎日新聞に掲載されています。

毎日新聞の記事のリンク

ループヒア101はTコイル内蔵の補聴器やTコイル内蔵の集音器「ベルマンミノ」と一緒に使うと、ヒアリングループの効果で明瞭な音声を聞くことができます。
無料の貸出機もご用意しておりますので、是非一度お試しください。

ヒアリングループの効果についてのご意見

先月参加させていただいた勉強会でワイヤレス機器の紹介をしました。話を聞いてくださった方々から、講演の直後やアンケートなどで感想やご意見をいただきました。その中でもとりわけ「ヒアリングループがとてもよく聞こえた」「ヒアリングループをもっと広めて欲しい」「自立コムのヒアリングループを設置している高松市のバスが羨ましい」など、ヒアリングループに関する良い感想を多くいただきました、ありがとうございます。

自立コムでは、ご家庭やお店のカウンター向けの簡易的なヒアリングループ、20人規模の会議室や講演会用のヒアリングループを取り扱っています。同時に集音器のベルマンミノもヒアリングループの受信器としてご用意しております。

ヒアリングループ商品ページはここをクリック

自立コムでは商品の一週間無料貸し出しをしております。まだヒアリングループを試したことがない方は、是非一度お試しください。

ワイヤレス機器の勉強会

ワイヤレス機器の勉強会

難聴セルフサポート京都主催の補聴器勉強会で、ワイヤレス機器のご紹介をしました。
既に補聴器を装用されている方、これから補聴器の装用を検討されている方、補聴器以外の解決法を模索している方など20数名の方に聞いていただきました。
今回はワイヤレス機器の勉強会でしたので、ヒアリングループの「Jループ」とヒアリングループの受信器として集音器「ベルマンミノ」、無線電波で音声を送信できる集音器「ベルマンドミノクラシック」、テレビの音声を無線で送信する「サウンドアシスト」などを、実機を試していただきながら説明しました。
説明の後、特に「Jループ」と「ベルマンミノ」がよく聞こえたという意見をいただきました。

ヒアリングループの活用

ヒアリングループをご存知でしょうか?
補聴器装用者や人工内耳の装用者の方でも、ヒアリングループについて知らない方が結構いらっしゃるようです。
ヒアリングループは、磁気ループ、誘導コイル、Tコイルなどとも呼ばれるもので、Tコイル内蔵の補聴器や、Tコイル内蔵の人工内耳のオーディオプロセッサを身に着けて磁場を発する機器の近くに行くと、音声を聞くことができます。
ヒアリングループの形状は様々で、広い会場などでは床下をループケーブルで囲うもの、機器の正面に向かって磁場を発するもの、耳に掛けてイヤホンのように使うものなどがあります。
もちろん、聞こえ方には個人差がありますし万能ではありませんが、効果を実感して積極的に利用している方もたくさんいらっしゃいます。もしお手持ちの補聴器やプロセッサがヒアリングループに対応しているにも関わらず、その使い方を知らないとしたら勿体無いですね。
一度確認して、効果を試してみることをお勧めします。

遅くなりましたが、HCRでの感想

遅くなりましたが、HCRでの感想

先週12日から14日までの3日間、国際展示場で日本最大級の福祉機器の展示会が開催されておりました。この3日の間に11万人以上の来場者があったそうで、自立コムのブースにも多くの方に立ち寄っていただきました。ありがとうございました。
今年のHCRでは新たに販売を開始した商品の展示はできなかったのですが、来年の春頃からリリース予定の商品を多数展示しました。以前人気だった振動式腕時計「侍」の後継機「SAMURAI_MAX」やワイヤレス ベッドシェーカに加えて、お薬の飲み忘れ防止のための「スマートメディスンボックス」やオプション機器の「エアスイッチ」を接続することで呼気による無線の発信ができる「ツーウェイウィンブル」などに興味を持つ方が多かった印象です。
やはり加齢とともに聴力が低下してきたご高齢の方も多いようで、聞こえに関すること以外にもお薬のことや体の他の部分にも気を遣う必要があるようです。自立コムでは今後も皆様の聞こえをサポートし、より豊かな生活を楽しめるように微力ながらお手伝いができれば幸いと、改めて感じました。
来年は9月27日から29日の開催予定だそうです、また来年会場で皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

  • 遅くなりましたが、HCRでの感想

第20回東久留米市民手話まつり

今週末10月23日日曜日は、東久留米市の第20回聴覚障害者への理解を深める集い 市民手話まつりで自立コムが出展しています。


詳細はこちらご参考にしてください。

以下は東久留米市のweb上の案内文です。

第一部(10時15分~)では、聞こえない方たちと交流しながら手話を覚えられる手話スタンプラリー、ガチャポン、手話教室、盲導犬実演など子供から大人まで楽しめる内容になっております。

第二部(12時30分~)では、世界各地で講演し絶賛を浴びる井崎哲也氏によるサインマイム、また、著書「手のひらから広がる未来 ヘレンケラーになった女子大生」の荒美有紀氏による《講演会》(当日受付)(手話通訳、要約筆記、磁気ループあり)、聞こえない人たちによる和太鼓演奏(10時~、講演会終了後の2回)。屋外ひろばでは、バルーンアート、模擬店、バザー、子どもゲームが開催しております。

お近くの方はぜひお立ち寄りください。

筆談ホステス

筆談ホステス

HCR二日目は新商品のサンプルも出揃い、ブースに立ち寄ってくれる方の数も昨日よりもだいぶ多く、たくさんの方に商品の説明ができました。
そんな中、「筆談ホステス」として有名な現東京都北区議会議員の斎藤りえ議員がブースに立ち寄ってくれました。ご本人が聴覚障害ということもあり、自立コムの商品について熱心に聞いてくださいました。仕事柄都内の区役所には定期的にご挨拶に伺いますが、北区は聴覚障害者への対応が良いと感じることが多いです。残念なことに、全ての自治体がそうではないので、改善されることを期待します。

HCR初日

HCR初日

10/12はHCR初日で、ブースの手伝いに来てくれた手話通訳のお姉さまや、お取引先の方々と久しぶりにご挨拶ができました。
お客様の入りはそこそこといったところでしょうか、しかし来年初めから春にかけてリリース予定の新商品にはそれなりの手応えを感じました。
本日一番人気の商品は、侍の後継機「SAMURAI_MAX」でした。ご覧になったお客様のほとんどが「カッコいい」「欲しい」「振動が強い」という嬉しい感想をたくさんいただきました。
こちらの「SAMURAI_MAX」は2017年1月か2月頃の販売開始予定です。

便利な使い方

便利な使い方

来週はHCR(国際福祉機器展)が開催されます。それに合わせて新しいカタログを作成しています。
自立コムではたくさんの国のたくさんのメーカから商品を仕入れています。カタログを作成するために、商品の仕様や形状を改めて確認しながら複数のメーカの商品を並べていると、本来一緒に使うことを想定していない商品を一緒に使えば便利なのではないかと気付くことがあります。
例えば、画像のようにツーウェイウィンブルとモバイルフォンセンサを繋げれば、離れた場所で端末に着信があったことがわかります。モバイルフォンセンサは、スマホなどの端末でなくても電気がついたことを感知するので、他にも面白い使い方があるかもしれません。

10月1日は土曜営業の日

毎月第一土曜日は9時から12時まで営業しております。
10月は1日が第一土曜日となります。
平日はお仕事などで自立コムに来られない方で、実際に商品を見てみたい、使い方を聞いてみたい、相談したいことがある、修理をお願いしたい、などのご要望がございましたら是非いらしてください。

携帯ショップの手話サポート

携帯ショップの手話サポート

このフライヤのように、携帯電話の売り場に手話の出来るスタッフが常駐しているお店があります。
auでは新宿・名古屋・大阪、docomoは有楽町、SoftBankは渋谷の店舗で、手話で応対してくれます。
auでは、この三店舗で自立コムの「セルフォンリンガ」を販売しています。大切なメールやビデオ通話の着信を逃さないように「セルフォンリンガ」のような便利な道具を活用してみてください。

インイヤーアクセサリー

神戸の情報福祉機器展に「インイヤーアクセサリー」として耳穴式の補聴器が展示されていました。その名の通り綺麗なアクセサリーのような補聴器です。販売されているのは株式会社アールイーで、世界で1つのアクセサリーとしてこの補聴器を作成しているそうです。
耳かけ式補聴器は、あいち補聴器センターが長年デコ補聴器の販売で注目されていましたが、耳穴式でもできるのですね。
補聴器を身に付けたがらない方もいると聞きますが、このような身に付けるのが楽しみになるような商品が増えると良いですね。
インイヤーアクセサリーは株式会社アールイーのページを参考にしてください。

「テレビが聞けるラジオ」と「目で聴くテレビ」

先週末神戸市で開催された情報福祉機器展は、聴覚だけではなく視覚に障害のある方のための商品もたくさん展示されていました。その中に「テレビが聞けるラジオ」という商品がありました。これは、ワンセグ地デジ放送、AMFMラジオが大音量・高音質のステレオスピーカで聞けるという商品で、操作ボタンも大きくて点字もついています。また操作に応じて音声で読み上げる機能もあり、視力の弱い方に使いやすい設計になっています。さらに、緊急地震速報が出た場合には、電源が切れていても通知してくれます。
「テレビが聞けるラジオ」は株式会社アステムが展示されていた商品ですが、株式会社アステムは他にも「目で聴くテレビ」を販売しています。こちらは「アイドランゴン3」という専用の受信機を使う聴覚障害者用の商品で、テレビ番組に手話と字幕をつけて放送してくれます。
「テレビが聞けるラジオ」と「目で聴くテレビ」は株式会社アステムのページを参照してください。

今週末の展示会

9月から10月にかけては秋の文化祭のシーズンです。自立コムも全国各地の展示会に出展しています。
今週末は土曜日に江戸川区で中途失聴・難聴者大会、神戸市で情報福祉機器展、日曜日は渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターでろう者大会に出展しています。
お近くの方は是非いらしてください。

敬老の日

本日9月17日から三連休の方が多いのではないでしょうか。連休最終日の19日は敬老の日です。ご両親やご祖父母の聞こえの調子が悪いようでしたら、ご相談ください。また、今週末と来週末、各地の展示会に出展しております。商品の実機をお見せしながら、使い方の説明やご提案などいたします。
明日の日曜日は藤沢市のカナガワ・デフ・ウェイ2016に出展しますので、お近くの方はいらしてください。

人工内耳の日

3月3日は耳の日、6月6日は補聴器の日、そして本日9月9日は人工内耳の日です。
この業界に携わっていると、人工内耳は聴覚を補助する器具として身近なものですが、もしかしたら人工内耳について知らない方もいるかもしれません。
聴覚を補助する器具というと、補聴器を連想する方が多いのではないでしょうか。それはテレビで補聴器のCMが流れていたり、街中で補聴器販売店を目にする機会が多いからでしょう。ですので補聴器がどういう器具かは多くの人がイメージできると思います。
では、人工内耳とはどのような器具なのでしょうか。人間の耳は、外側から「外耳」「中耳」「内耳」という3つの部位があります。内耳は耳の一番内側にある部分で「蝸牛」というカタツムリのような形をした器官です。その蝸牛にはたくさんの有毛細胞があり、その有毛細胞が音を脳に伝えます。ですからこの有毛細胞が少なくなると脳まで音が届かなくなります。
人工内耳は、この蝸牛の役割を人工的に補う器具です。
人工内耳は、補聴器などと同様に聴力を補助する一つの選択肢として、年々普及が進んでいるようです。

磁気誘導コイルの評価

東北にある聴覚支援学校の生徒さんに商品の説明を聞いてもらいました。
だいたいどこの学校でも展示会でも、一番よく聞こえると評価されるのはMリンクです。磁気の強さや環境により効果は変わりますが、やはり補聴器と商品のコイル同士の距離が、物理的に近いほど聴こえやすいようです。なかには今まで感じることのできなかった音が入るという声もありました。
本日は商品の説明を聞いてくださりありがとうございました。

抱っこスピーカー HugMe(ハグミー)

あきたきこえのバリアフリー展に、今まで見たことがなかったスピーカーが展示されていました。
抱っこスピーカーHugMeは、名前の通り抱っこして聞くスピーカーで耳元で音が鳴るので音量を上げなくても聞こえやすいことに加え、スピーカーを抱え込むことによって音の振動を感じることができるスピーカーです。抱き枕の心地良さと、音の振動による心地良さが人気だそうですが、難聴の方にとっては音を体で感じることで音楽を楽しめそうですね。以前、自立コムでは骨伝導の受話器を扱っていましたが、音を感じるという感覚は近いのではないでしょうか。
抱っこスピーカーHugMeは株式会社エンサウンドの商品です、参考にしてください。

ミライスピーカー

難聴の方から受ける相談の多くは、会話の声が聞き取れない、電話の声が聞き取れない、そしてテレビの音声が聞き取れないの3つです。
この中の、テレビの音声が聞き取れないという悩みを解決してくれそうな「ミライスピーカー」という商品が、九州で催された盲ろう者大会に出展されていました。
「ミライスピーカー」は、スピーカーの振動板を曲面にすることによって、より遠くまで音を減衰させずに届けることができ、試聴された方の7割がよく聴こえると評価したそうです。
テレビの音声が聞き取りにくくて、つい音量を上げてしまい家族に叱られる、そんな悩みのある方には効果的かもしれません。
「ミライスピーカー」は株式会社サウンドファンの商品です、参考にしてください。

<サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!

<サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!

2015年にオープンしたばかりの「サイン カフェ ベリー ユー」へ行ってきました。
店内は、とてもきれいで落ち着いた雰囲気でした。
聴覚に関する本や新聞なども置いてあり、いち早く情報を手に入れるには最適かもしれません。

また、自立コムの総合カタログも置いてあります。

ランチの他に、モーニングサービスがあったり周りの壁を見渡すと誰もが見てわかるような工夫も施されています。

ぜひ、足を運んでみてください。

小平市鈴木町2-187 吉田ビル1F
FAX/TEL:042-497-6650
時間:9:00~20:00(月曜定休)

  • <サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!
  • <サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!
  • <サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!
  • <サイン カフェ ベリー ユー>へ行ってきました!
第45回 耳の日記念文化祭

第45回 耳の日記念文化祭

3月5日-6日に開かれた耳の日記念文化祭に出展しました。
大変多くの方々に製品を体験してもらい、
屋内信号装置はもちろん、携帯着信通報装置や呼出し装置が大変人気があることがわかりました。
自立コムは、今年の4月から新型ドアセンサとテレホンセンサの販売を開始します。
一人でも多くの方に品質の良い新たな製品を提供していきます。

  • 第45回 耳の日記念文化祭
  • 第45回 耳の日記念文化祭
  • 第45回 耳の日記念文化祭
  • 第45回 耳の日記念文化祭
第62回 東京都聴覚障害者大会

第62回 東京都聴覚障害者大会

ティアラ江東にて出展をしてきました。

  • 第62回 東京都聴覚障害者大会
  • 第62回 東京都聴覚障害者大会
  • 第62回 東京都聴覚障害者大会
  • 第62回 東京都聴覚障害者大会
第51回 立川祭

第51回 立川祭

立川ろう学校にて出展をしました。

  • 第51回 立川祭
  • 第51回 立川祭
  • 第51回 立川祭
  • 第51回 立川祭
第4回 センターまつり

第4回 センターまつり

三重県聴覚障害者支援センターにて出展を行いました。

  • 第4回 センターまつり
  • 第4回 センターまつり
  • 第4回 センターまつり
第24回 全国盲ろう者大会 in 静岡

第24回 全国盲ろう者大会 in 静岡

  • 第24回 全国盲ろう者大会 in 静岡
  • 第24回 全国盲ろう者大会 in 静岡
  • 第24回 全国盲ろう者大会 in 静岡
第43回 横浜市聴覚障害者の集い

第43回 横浜市聴覚障害者の集い

6月7日(日)
場所:横浜市開港記念会館

  • 第43回 横浜市聴覚障害者の集い
  • 第43回 横浜市聴覚障害者の集い
JAPAN補聴器フォーラム2015

JAPAN補聴器フォーラム2015

6月5日(金)-6月6日(土)
場所:東京産業貿易会館

  • JAPAN補聴器フォーラム2015
  • JAPAN補聴器フォーラム2015
  • JAPAN補聴器フォーラム2015
  • JAPAN補聴器フォーラム2015
モバイルフォンセンサ説明会

モバイルフォンセンサ説明会

このたび、弊社とソフトバンク渋谷店さまとで合同の商品説明会を開くことになりました。内容はスマホのオプションとしてメール等の着信時に光で知らせてくれる「モバイルフォンセンサ」の説明会です。
みなさん、家などでスマホをテーブルに置いたままメールの着信に気づくのが遅れたという経験はどなたでもあるかと思います。
そのような悩みを解決してくれる商品です。
この商品は日常生活用具として福祉申請ができますので福祉申請の方法も説明したいと思います。
また、ガラケーに対応する光で知らせる商品もあるので、こちらも当日、ご説明をする予定です。
尚、当日は手話での説明で音声通訳はつきませんのでご了承ください。

          モバイルフォンセンサ説明会

  1.日時 平成27年6月27日(土)14:00~
  2.場所 ソフトバンク渋谷手話カウンター
       渋谷区宇田川町27-4 喜山ビルB1
  3.定員 15名(定員になり次第、締め切り)
  4.申込 申し込み画像をクリックして、印刷してください


  5.動画 

岩国医療福祉機器展

岩国医療福祉機器展

3月21日(土)
場所:岩国市医療センター医師会病院

この度は、岩国市医師会、及び岩国市医療センター医師会病院方々には、大変お世話になりました。
実際に、弊社の製品を「見て、触って、体験していただく」という機会は医療業界において中々ないので、
非常に珍しい製品、という印象を持たれたのではないでしょうか。


㈱自立コム
三浦

  • 岩国医療福祉機器展
  • 岩国医療福祉機器展
  • 岩国医療福祉機器展
  • 岩国医療福祉機器展
第44回 耳の日記念文化祭

第44回 耳の日記念文化祭

2月28日(土)-3月1日(日)
場所:港区立港勤労福祉会館

この度は、東京都聴覚障害者連盟及び関係者の方々には大変お世話になりました。
昨年は一日だけの出展で、少しばかり物足りなさを感じていましたが、
今年は、2日間たっぷり製品のご紹介ができました。
特別『新商品』はありませんでしたが、
スマートフォンの普及により電話着信通報装置が大変好評と思われました。
特に弊社がオススメしている『セルフォンリンガ』は、生活には欠かせない非常に便利な製品です。
電話の着信はもちろん、メール、LINE、スカイプ、
全ての着信を光・振動(※別途ベッドシェーカが必要)・音でお知らせしてくれます。
更に、スマートフォンだけでなく、タブレット、ガラケーにも対応しています。
更に更にオススメのポイントは、①一般電話器の着信も確実に通知、
②端末は充電可能、③通知音は「無・小・大」の三段階調整

非常に多機能な『セルフォンリンガ』を、ぜひ一度試してみてください。

㈱自立コム
三浦

  • 第44回 耳の日記念文化祭
  • 第44回 耳の日記念文化祭
  • 第44回 耳の日記念文化祭
  • 第44回 耳の日記念文化祭
第27回 新年のつどい

第27回 新年のつどい

1月11日(日)
場所:港北公会堂

新年、明けましておめでとうございます。
横浜市聴覚障害者協会をはじめ、港北区の関係者の方々には、大変お世話になりました。
お正月ということもあり、伝統芸能や福笑いなど、
各イベントで、皆さんとても楽しんでいる様子が見てうかがえました。
自立コムとしても、新年一発目の出展イベントであり、
気合いを入れて皆様へは、新製品のご案内ができたと感じております。
特に、各社PRでもご紹介をさせていただいた、
振動式腕時計の「バイブラライトミニ(白)」と「バイブラライト12」は、弊社自慢の新商品です。
ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

㈱自立コム
三浦

  • 第27回 新年のつどい
  • 第27回 新年のつどい
  • 第27回 新年のつどい
  • 第27回 新年のつどい
第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い

第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い

11/30(日)
場所:高島平区民館

この度は、東京都中途失聴・難聴者協会をはじめ、
高島平区民館の関係者の方々には、大変お世話になりました。
手話ダンス、コロッケ氏の「ビデオレター」など、盛りだくさんな企画の中、
今回、私が最も驚いたのは、ケント・デリカット氏が記念講演に招かれていたことです。(写真参照)
さて、今回自立コムでは、中途失聴・難聴者向けの製品として「スマートBTアンプ」の展示をいたしました。
皆さんはブルートゥース(Bluetooth)を、ご存知でしょうか?
簡単にご説明しますと、周辺機器(携帯や音楽プレーヤーなど)が、
ワイヤレス(無線)で使える近距離通信のことです。
スマートBTアンプは、ブルートゥ-ス対応の携帯電話、スマートフォンにもご使用いただける、
T‐コイル内臓式の、携帯型受話音量増幅器です。
この機会に、ぜひ一度試してみてください。

㈱自立コム
三浦

  • 第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い
  • 第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い
  • 第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い
  • 第29回 東京都中途失聴・難聴者の集い
創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会

創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会

11月23日(日)
場所:パストラル加須(ホール内ロビー)

この度は、埼玉県聴覚障害者協会の皆様、及び実行委員会の方々には、
カタログの封入作業など、大変感謝しております。
天気に恵まれ、紅葉もきれいで絶好のイベント日和となりました。
私は、埼玉県出身であり、普段お世話になっている方々とお会いでき、本当に嬉しかったです。
さて、今回はベルマンビジットシステム専用のベッドシェーカーについて、ご提案をさせていただきます。
振動式目覚まし時計の、ビブラやソニックシェーカーには元々クリップが付属されています。
しかし、ベルマンのベッドシェーカーにはクリップが付属されていません。
一番強力な振動であるベルマンの時計で起きたい方へ、
クリップを100円ショップなどでご購入いただければ、
常に体に身につけた状態で、ご使用いただけます。(写真参照)

ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

㈱自立コム
三浦

  • 創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会
  • 創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会
  • 創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会
  • 創立62周年 埼玉県聴覚障害者大会
第41回 国際福祉機器展

第41回 国際福祉機器展

10月1日(水)-3日(金)
場所:東京ビッグサイト(東展示ホール)

年に一度の祭典、国際福祉機器展が無事に終了いたしました。
今年も、色んな方からのご支援により、自立コムが「また一歩、成長した。」そんな展示会となりました。
今回特に力を入れたのは、誰が見ても一目瞭然、ブースの装飾だったのではないでしょうか。
遠くから見ても、非常に目立っていましたし、
自立コムのカラーが存分に生かされていた、そんな素晴らしいブースの装飾でした。
また、今年もいくつか新製品を展示いたしました。
中でもベルマンビジットシステムの「モバイルフォンセンサ」は、
非常に魅力的で、面白い商品です。(写真参照)
スマートフォンやタブレット端末、携帯電話の着信時の「光」を感知して、着信をお知らせします。
もちろん、他のベルマンビジットシステムとの連動も自由自在です。
この製品を通じて、より生活しやすい環境を自分なりに見つけてみてはいかがでしょうか。

㈱自立コム
三浦

  • 第41回 国際福祉機器展
  • 第41回 国際福祉機器展
  • 第41回 国際福祉機器展
  • 第41回 国際福祉機器展
CLOSE